データ復旧で超絶大事な財産保護|ハードディスク専科

料金を確認する

復旧の必要日数や機器構成も料金に影響する

男性

パソコンの故障などによって内部のメディアが読み出せなくなった場合、そのデータの救出のために利用できるサービスとして、データ復旧があります。 そのデータ復旧の利用料金は複数のファクターによって成り立っていますが、大きく価格に影響を与えるものとして、復旧作業の必要日数と機器構成が関係してきます。 データ復旧に必要な作業日数は主に障害内容によって決定されます。軽度の論理障害ならば最短で1日以内に終わり、重度の物理障害となると1ヶ月以上必要なケースもあります。当然必要作業日数が長いほど、料金は高くなります。 また機器構成も料金に影響を与えています。パソコンのように1ドライブの問題のみで収まるような機器構成の場合は料金は安価で、論理障害なら1万円から5万円ほどで収まることもあります。

パソコン修理業者へのデータ復旧の依頼の増加が専門サービスの誕生へと繋がる

元々データ復旧サービスは、パソコン修理業者のごく一部が行っていたサービスでした。その理由としては、データ復旧の黎明期はストレージの容量自体が小さく、また記憶装置の主流がフロッピーディスクという事もあり、現在のハードディスクのような大容量記憶装置が殆ど使われていなかったためです。 そのため細々とデータ復旧のサービスが一部パソコン修理業者によって続けられており、その需要は主に法人需要でしたが、この流れが変わるのがハードディスクの普及が急速に進む1990年代末から2000年代にかけてです。 マルチメディアの普及もあってデータ容量が増大し、ハードディスクも爆発的に普及をしたことで、データ復旧の需要が高まり、やがてデータ復旧を専門事業とする事業者の誕生へと繋がりました。

Copyright ©2015 データ復旧で超絶大事な財産保護|ハードディスク専科 All Rights Reserved.