データ復旧で超絶大事な財産保護|ハードディスク専科

専門の復旧作業

メディアの発展がデータ修復サービスの誕生を促してきた歴史がある

案内

研究所向けのコンピュータはともかく、それ以外の民生用のコンピュータであるパソコンは、そのデータ記憶装置としては長くフロッピーディスクが用いられてきました。フロッピーディスクは価格が安価なため、磁気に弱くデータ容量が少ないという問題があったものの長く主流として用いられてきました。 そのためデータ容量の関係で、データ修復の需要もほとんどありませんでした。しかしこの状況が一変するのが1990年代後半に入ってから、パソコンやインターネットの普及が爆発的に進む状況になってからです。データの大容量化が同時に進み、ハードディスクがメディアの主流となると、そのデータ消失時の損失を考えて、データ修復サービスが必要とされ、専門サービスとして誕生して現在まで続いています。

大規模な修復設備を備えた会社が今後増加する

壊れたストレージなどからデータを再び読み出せるようにするには、専門技術の他に専用のクリーンルームなどが必要とされています。このためストレージのデータ修復は専門業者でないと難しいとされています。 近年はデータ修復の専門業者も大手の企業が増えるなどの理由で、設備の大規模化が進んでいます。専門のデータ復旧ラボラトリを持つ会社も多くなっており、ハードディスクなどのストレージの初期診断もスピード化が進んでいます。クリーンベンチやクリーンルームを複数備える業者も大手のデータ修復センターを中心に増えています。 このように、データ修復サービスは設備の大型化や高度化が進んでおり、今後はさらにこの傾向が進みサービスの多様化やスピード化が進むと見られています。

Copyright ©2015 データ復旧で超絶大事な財産保護|ハードディスク専科 All Rights Reserved.