データ復旧で超絶大事な財産保護|ハードディスク専科

専門の復旧作業

案内

研究所向けのコンピュータのハードディスクのデータ復旧をする時はそれなりの注意が必要です。消えては困るデータがある場合もあるため、専門の復旧業者を活用することが大事になってきます。

詳細を確認する...

料金を確認する

男性

ハードディスクのデータ復旧をする時はまずはデータ復旧の料金をしっかりと確認することが大事です。中でも復旧を急いでいる時や特殊構成の場合は料金が高い事が多いです。

詳細を確認する...

料金設定

ハードディスクの修理サービスの利用料金はその障害内容で変わる

周辺機器

パソコン修理会社や、データ復旧会社が扱っている、ハードディスクの修理サービスでの利用料金は、その障害内容によって大きく料金が変化します。 例えば軽度の論理障害と、重度の障害であるハードディスクの物理的破壊では、料金は全く違ってきます。最もハードディスク修理で料金が安いのは、軽い論理障害で、これはパーティションの異常や、誤ってデータを消してしまった場合、OSのフィアル破損などがあります。料金としては修理に手間があまり掛からないため1万円から3万円程度の料金で対応してもらえます。 逆に物理的損壊や水没したハードディスクといった重度の障害の場合は、復旧に手間がかかるため、料金が高価になります。一律制の料金で10万円以上することが多く、また従量制の料金でも1Gで数千円は掛かります。

企業向けのサービスから個人利用への変遷

かつてはハードディスクの修理は多くが企業向けを対象としてサービスでした。それはハードディスク自体が高価だったことと、修理に掛かる料金がかなり高価だったためです。 しかしパソコンなどの情報通信機器が普及していくに従って、徐々にサービスの需要が増えていき、それに伴って利用者やサービス提供会社の増加もあって料金の下落が起きます。 以前は1Mでいくらといった料金が、現在は1G単位での料金にまで下がり、大容量のハードディスクの修理でも依頼をしやすくなっています。このような料金下落によってかつては企業が主に利用していたハードディスク修理サービスも、個人の利用が目立つようになり、依頼内容としてパソコンの中のハードディスク復旧も多くなっていった経緯があります。

認識しない時の対応

パソコン

ハードディスクが認識しないという事はよくあることですが、重症化してデータが読み出せない時はデータ復旧をする必要があります。近年では業者自体も安くで利用することができる場合が多いです。

詳細を確認する...

Copyright ©2015 データ復旧で超絶大事な財産保護|ハードディスク専科 All Rights Reserved.